旅情報

【スキミング防止】個人情報を盗まれないおすすめセキュリティポーチはコレ!

今回は旅行便利グッズを提案するブランドLiberFlyerさんからセキュリティポーチの「セキュリポ」を紹介して欲しいという依頼を受けて記事を書いています。

私自身、自分のブログの信憑性を落としたくないので半端な物だったらバシバシ品物にダメ出しをしようと思っていたのですが、セキュリポはかなりおすすめできるセキュリティポーチでした。

海外旅行に行くなら「セキュリポ」おすすめですよ!

 

セキュリティポーチ「セキュリポ」のここがすごい!

セキュリティポーチなんて、どれ選んでも同じじゃないの?

セキュリポを使う前の私が思っていた事です。

しかし全然違いました!

私のセキュリポおすすめポイントは以下のとおり。

  1. スキミング防止素材でできている。
  2. 防水加工が施されている。
  3. 収納が多い。
  4. ベルトがしっかりしている。
  5. カラビナを付けれる所がある。

私が元々持っているセキュリティポーチと比較して、良いなと思ったおすすめポイントをご紹介します。

 

スキミング防止素材でできている

海外旅行にクレジットカードやデビッドカードを持って行く方は、しっかりスキミング対策を取っていますか?

海外旅行でカードを不正利用された、というのは良く聞く話ですよね。

セキュリポはスキミング防止素材でできています。

込み合う電車の中、賑わう市場の中でもセキュリポの中にカードを入れておけばスキミングされる事はありません。

私はロンドンの地下鉄ラッシュ時間やタワーブリッジ、クリスマスマーケットの人ごみの中に行きましたが、スキミング被害には合いませんでした。

 

スキミング防止素材だからか、見た目もしっかりしていてかっこよかったです。

▼上がセキュリポ、下が元々持っていたセキュリティーポーチ。

私の元々持っていたポーチダサすぎですね。

 

防水加工が施されている

セキュリティポーチは防水加工仕様を選んだほうが良い

私が世界一周旅行で学んだ事です。

セキュリティポーチは基本的に肌着に密着させます。

旅行中、観光地を周るとセキュリティポーチが汗でびちゃびちゃになるんですよ(実体験)

防水加工されていないセキュリティポーチだと、中に入っているお札やパスポートはしっとりを通り越した水分を含みます。

お札は別に良いとして、パスポートは濡れると大変です。

スタンプが滲んでしまったり、ページがめくれなかったり、乾かしたらパスポートが反ってしまいました。

 

セキュリポは汗をかいても大丈夫です。内容物は濡れません

私がロンドンで自転車爆走させて汗ダラになっても、中に入っていたパスポートやお札は濡れていませんでした。

ですが少し湿っていたので完璧に防水するわけではないようです。

セキュリポなら汗でも多少の雨が降ってきても大丈夫でしょう。

 

収納が多い

収納は3箇所。

▼ポーチ正面。

中は仕切りが付いています。

日本円と現地通貨を分けて入れる事ができて便利です。

▼マジックテープをビリッとはいで、2箇所目。

カードを入れるポケットが3つ付いています。

ポーチは素材柔らかなので、カードは硬いケースに入れていたほうが良いです。

ポーチにそのままカードを入れて曲げた事があります。

 

▼後ろはメッシュです。

収納が多いのでかなり使いやすいと思います。

パスポート、カード、現金、スマホを分けて収納ができるのが魅力的ですね。

私が元々持っていた物は収納が2つでポケットも何もないものでした。

収納は細かいほうが良いです。使いやすいですよ。

 

ベルトがしっかりしている

ベルトは隠れた重要ポイントです。

スマホ、現金、パスポートを入れるとポーチは重くなります。

ベルトが細いとポーチは重力に引っ張られます。地味に腰にくるんですよね。

ベルトの幅は太いほうが良いです。

▼ベルトが細いポーチはベルトがグルグルになってしまった。

観光の時はほぼ身に付けるセキュリティポーチだからこそ、要のベルトはしっかりした物がいいです。

 

カラビナを付けれる所がある

女子にはあまり身近なものではないカラビナ。

結構役に立ちます。

▼カラビナは鍵の保管に役立ちます。

キャリーバックの鍵、ホテルの鍵、家の鍵、などまとめておけば「あれ?鍵どこにやったっけ?」と探し回る必要はありません。

別にポーチのポケットに入れておけば良い話ですが、カラビナに付けておけばファスナーあける必要ないし、取り出すときにうっかり地面に落とす事もありません。

カラビナは便利ですよ。

セキュリポは最初からカラビナが付いていました。

超便利です。

 

以上セキュリポを実際に使ってみた感想&レビューでした。

 

おすすめセキュリティポーチはセキュリポだよ。

セキュリポを実際に使ってみて不満はありませんでした。

唯一の不満は防水なのにパスポートがほんの少し湿った事でしょうか?

それも梅雨の時期に本が湿る程度のものなので、別に気にする事ではありません。

私が元々持っていたセキュリティポーチと比べるとセキュリポの方が機能性が高いので、全然OKです。

特にスキミング防止&防水機能は優れています。

\セキュリポおすすめな人/

・海外旅行にクレジットカード類を持って行く。

・スコールなど突然の雨が多い場所に行く。

・汗をかきやすい地区(アジア)に行く。

・自転車に乗ったり、スポーツをする予定がある人。

 

 

 

首から下げるタイプのポーチ「PASSFIT-mini」もおすすめだよ

飛行機に頻繁に乗るならコチラもおすすめです。

首から提げるタイプのセキュリティポーチ「PASSFIT-mini」です。

 

セキュリポとの違いは以下のとおりです。

  1. 大きさはパスポートサイズ。
  2. 貴重品必要最低限で良い人向け。
  3. フロントにスケルトンポケットがある。
  4. 首から下げられる。
  5. 取り出しやすい。

 

大きさはパスポートサイズ

比較対象としてセキュリポとパスポートを置いています。

セキュリポの様に完全防犯の為に肌着の上に巻くタイプではなく、もう少しコンパクトで使いやすいタイプですね。

▼パスポートを入れるために作られたかの様な作りです。

▼すんごいぴったり。

▼中は仕切りがあります。

試しにパスポート2冊入れましたが、余裕がありました。

▼後ろのメッシュのポケットにも入るよ!ぴったりサイズです。

パスポート3冊分は入りそうです。

貴重品必要最低限で良い人向け

PASSFIT-miniはパスポートとカードだけ入れば良い人向けのセキュリティポーチですね。

複数の外貨や札束を持って行きたい人向けではありません。

▼両脇のポケットはカードを入れるのに向いている。

▼両脇のポケットにお札とコインは入れるべきではない。

▼指が大きい人は奥の物が取り出しにくいと思う。

 

フロントにスケルトンポケットがある

ポーチに透明なポケットが付いているので、飛行機のチケット入れるのに便利です。

「飛行機の時間何時だっけ?」となっても取り出さずに確認する事ができます

 

首から下げられる

腰に巻くタイプが苦手な人におすすめです。

紐が長いのでポシェットにもなります。

 

PASSFIT-miniの紐は少しゆるいですね。首に優しいです。

しかし長く使うと細くなりそうな紐です。

細い紐は身体に食い込んで地味にダメージをくらうので、痛んだら換えた方が良いでしょう。

両側に新しい紐を取り付けられそうなアクセサリがあるので、ここに取り付けられそうです。

紐はめちゃ大事!特に長旅の人は!

 

取り出しやすい

PASSFIT-miniは実用性のあるセキュリティポーチです。

首の紐を引っ張ればすぐに取り出せます。

腰に巻くタイプは完全防御はできますが、利用の気軽さにかけます。

特に冬場だと、アウターを引き上げたりチャックを開けたり…面倒だし寒いし、取り出す様子がかっこ悪いです。

 

 

PASSFIT-miniはセキュリポ同様にスキミング防止と防水機能もバッチリ付いています。

 

\PASSFIT-miniおすすめな人/

・セキュリティーポーチを首から下げたい、斜め掛けしたい。腹巻型は嫌だ。

セキュリティーポーチは小さいものがいい。

・そんなに物を入れない。

・取り出さずにチケットの時間を確認したい。

・スキミング防止と防水機能が欲しい。

 

 

セキュリティをおろそかにすると楽しい海外旅行が台無しになります。

万全な対策を出国前に行って、旅を満喫してくださいね。

今回は2つセキュリティポーチを紹介しました。

どちらともしっかりとしたスキミング防止と防水機能が付いておすすめですよ。

 

\貴重品をかっちり守りたいならコレ!/

 

 

\実用性と身軽さを求めるならコレ!/